メイク後のクレンジング

どんなに肌にいいメイクを心がけても、クレンジングの仕方次第では肌に負担をかけてしまいます。メイクは、油性の汚れといっても過言ではありません。

この人工的な汚れを落としやすくするために使うメイク落としは、強い洗浄力をもっており、肌に必要な成分を洗い落としてしまうことがあるのです。

皮膚の表面にある角質層は外部の刺激から守ってくれています。このバリア機能が低下した状態が、いわゆる敏感肌です。生まれつきのものもありますが、肌への負担が大きいクレンジング剤を使うことで、角質層を痛めている場合もあるので、クレンジングを見直せば、症状が改善することもあります。

メイク落としには、油性の汚れを落とすために欠かせない、油と水をなじませるための界面活性剤という成分が使われており、洗浄力は高いのですが、肌への負担も大きいのが特徴です。

W洗顔不要、メイク汚れも1本で済む、といったアイテムは、洗浄力が強いので注意が必要です。界面活性剤が多く含まれています。特にシートタイプのものは、ごしごしこすると、摩擦で肌が痛んでしまいます。

しっとりタイプの洗顔料は、肌に油膜を残すように作られているため、化粧水などが浸透しにくくなることがあります。

ミルクは、洗浄力は低いですが、水分が多いので肌への負担は軽いです。

クリームは、洗浄力もあり、適度な油分があるので肌にやさしく作られています。

ジェルは界面活性剤が多く含まれており、刺激が強いと考えたほうがよいでしょう。ただ、クリーム状のものであればさほど肌に負担はかかりません。

オイルはもっともよく落ちるのですが、洗浄力が強い分、肌への負担も大。メイクの濃い日だけにとどめたほうがよいでしょう。