お肌のかゆみ

寒くなるとお肌がかゆくなることがあります。
特に、入浴後などにかゆくなることが多いようです。
これは、お肌の乾燥が原因で、冬は空気が乾燥している上に、お風呂で身体を洗うときに皮膚の表面にある保護膜がはがれたりしておこります。
この乾燥や皮膚の表面のケアをすることにより、かゆみを抑えることができます。

お肌は「皮脂膜」と呼ばれる保護膜で覆われており、これがお肌から水分が逃げ出すのを防ぐバリアとなっているのです。
この皮脂膜はとても重要な役割を持っていて、水分が逃げ出すのを防ぐだけでなく、いろいろな刺激からお肌を守ってくれます。
ところが冬になり、気温がさがると身体の活動が低くなり、汗の分泌が減ります。
実は、皮脂膜は皮膚から分泌された皮脂と汗からできていています。
そして、この皮脂膜が弱くなり、空気も乾燥してくることから、水分を保持できなくなり、お肌が乾燥し、いろいろな刺激が直接皮膚に届くようになります。
この結果、お肌にかゆみが生じるのです。
気温が下がる秋から冬にかけてこの症状が進み、かゆみを感じるようになるのです。
また、入浴時に強く洗ったりすると、さらに皮脂膜をはがすことになり、ただでさえ水分が蒸発しやすい入浴後は、ますますかゆみが増してくるのです。
かゆいときに、強くお肌をかくのは禁物です。
皮脂膜がさらにはがれ、皮膚に刺激を与えることになり、さらにかゆみを感じるようになります。

それでは、このかゆみを止めるために、どのようなケアをすれば良いのでしょうか。
それは、皮脂膜の破壊を少なくすることと保湿を考えることです。
まず、身体を洗うときに、あまり強くこすらずに、手のひらでやさしくなでるように洗います。
手の届かないところは、柔らかいタオルで泡立てて、ゆっくりと洗います。
そして、拭き取るときもあまりこすらずに、タオルを軽く押しつけるようにして吸いとらせます。
水分の蒸発しやすい入浴後は、必ずのお肌のケアを行って下さい。
保湿効果のある成分が含まれたクリームや美容液などを塗りましょう。
ただし、皮脂の分泌の多い胸や背中は何もつけなくてもかまいません。
もし、乾燥していると感じるようでしたら、油分の少ないローションなどを塗ってください。

使うものは、刺激しやすい成分をできるだけ減らした低刺激性の石けんや化粧品が良いでしょう。
そして、もう一つ大事なことは、かゆいときにかきむしらないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です