肌にやさしい洗い方

しっかり落とそう、と思うとついつい、時間をかけてしまうのがクレンジング。

この考えを改めるのがクレンジング改善の第1歩です。

クレンジング剤に含まれる界面活性剤は、肌にふれる時間が長ければ長いほど、肌に負担がかかるのです。できるだけ早く済ますことを心がけましょう。

メイクをした肌に、メイク落としを指でなじませます。

皮膚の丈夫なTゾーンから、頬、あごにかけてのUゾーンへ、最後に、皮膚がいちばん薄い目元、口元へとなじませていきましょう。

全体になじませたら、ぬるま湯で落とします。ここまでの工程を1分で済ませましょう。

残ったメイクは、洗顔料で落とします。すべてをクレンジング剤で落とそうとしないこと。すべてをクレンジングで落とそうとしてゴシゴシとこすると、肌の角質層が痛んでしまいます。

洗顔料も、クレンジングと同じく、界面活性剤が含まれています。メイク落としで洗顔したあとにさらに洗顔をするわけですから、肌の負担を考え、界面活性剤が少ないものを選んだほうがよいでしょう。

おすすめなのは、シンプルな固形石鹸です。洗浄力はあるのですが、肌へのダメージは少ないのです。オイリー肌なのであれば、浴用の石鹸がよいと思います。

洗いながら美白、保湿ができる、といった洗顔料を目にしますが、これらの成分は洗えば流れてしまいます。また、植物性、肌と同じ弱酸性、といった商品もありますが、天然の成分はアレルギーの原因になることもありますし、どんなに弱酸性の成分で洗っても、洗い流す水道水は中性なので、流した後の肌も中性なのです。

洗顔料の目的は、汚れを落とすことなので、洗う以外の目的がプラスされている洗顔料に、効果を期待しないほうがよいでしょう。