レーザー治療

保険外治療になりますが、シミは、美容皮膚科などでレーザー治療もできます。

レーザー治療とは、特殊な光を患部にあて、目的の部分だけを焼きます。皮膚の表面を通過させ、真皮だけを照射できるものもあります。表皮、真皮のどちらのトラブルにも対処が可能です。患部に届くと熱へと変化し、メラニンを破壊できます。シミやくすみだけでなく、シワやあざ、ほくろなどにも有効です。

シミによく使われるのは、ルビーレーザーというものです。黒や茶色のメラニン色素の細胞のみ反応させ、メラニンやメラニンを生成するメラノサイトを破壊します。

他にも、YAGレーザーというものがあります。これは、ルビーレーザーより深いところを照射できますので、濃いシミやあざに効果を発揮します。その分、強い痛みを感じたり、出血もあります。

また、主に脱毛に用いられる、アレキサンドライトレーザーというものもあります。

これは、毛に含まれるメラニン色素に反応して毛を焼き、毛母細胞を破壊するのですが、シミやそばかす、あざなど、浅いものであれば効果を発揮します。

このように、様々な治療法があるので、シミのタイプや大きさによって、治療期間や価格も異なってきます。

1回で済むものから、5回以上は繰り返し行ったほうがいいものもありますが、シミ1か所につき、5,000円くらいが目安となります。

レーザーを照射する瞬間は皮膚をゴムでぱちんとはじかれたような感覚や、熱の刺激がありますし、照射後は、患部が赤くなってしまいます。そして、23日後には治療前より黒くなるのでびっくりするかもしれませんが、1週間を過ぎたあたりでかさぶたとなり、きれいに剥がれます。患部さえ避ければ、施術日からメイクもできます。