それでもシミができてしまったら…

あれ、シミが増えた気がする!

どんなにUVケアを心がけていたとしても、40代になるとシミがあふれ出してきます。

シミにもいくつかタイプがあり、もっとも一般的なのは老人性色素班です。

頬や、こめかみに、薄茶色から茶褐色のシミとして現れます。

これがいわゆる紫外線を浴び続けた結果です。皮膚の表皮の構造が変化し、奥にあるメラニンという色素が蓄積され、それが40代あたりから表に出てくるのです。

そのほかにも、ニキビや傷、虫さされなどの炎症のあとが残ってしまう、炎症性色素沈着、

鼻を中心に小さく散らばっている雀卵斑(そばかす)、女性ホルモンの乱れると現れる肝斑などのシミもあります。紫外線が原因のシミ以外にもこんなに種類があるのです。

ただ、老人性色素班は、日々のUVケアである程度は予防できますし、できてしまったら、次のとおり対処が可能です。

メラニンは、紫外線などによる皮膚へのダメージを軽減してくれており、新しい皮膚が作られる際に、剥がれ落ちれば残りません。これがうまくいかず、残ってしまうと、シミとなります。

さらには、紫外線によるダメージが大きかった場合、活性酸素の作用により、メラニンが過剰に生成されることもあります。

つまり、メラニンが残らないよう肌のターンオーバーを正常化するとともに、過剰生成を抑制するのがシミ予防。

それには、メラニンの合成を防ぐ、ビタミンC誘導体配合化粧水などを使い、メラニンブロックのケアを行います。

また、ターンオーバーが乱れ、メラニンの排泄が低下することを防ぐため、ピーリングで代謝をよくする、という方法もあります。排泄美白というケアです。角質とともにメラニンを取り除き、肌を若返らすことができます。